FX初心者が陥りがちな失敗

twere










利用したいと思ったFX会社が決定したなら、今すぐFXを始めてみたいという衝動に駆られますよね。誰でも損はしたくないですし、あなたでもそう思うはずです。急ぐ心を一旦落ち着かせ、FX初心者が陥りがちな失敗について考えてみることにしましょう。

まず、いつも損をしてしまう人の特徴を挙げるとするなら「タイミング良く買えたけど、もっと利益が出るのでは、と思ってなかなか売ることができない」というパターンがあります。ネットや雑誌などから情報を集めて、チャートをしっかり目で追って冷静な予測をおこない、適切なタイミングで買い注文をしたその後に、予測通りに上昇します。ここまでで、まだ半分の進捗状況であって、終わりではないのです。

しかし、チャートが上昇している最中は「もっと、いやもっと上がるはず。あと1日持っておこう」と、自分の中の悪魔が囁きます。特に豪ドルなどの高金利通貨では、1日ごとにスワップポイントで利益が増えていくと、決済するのがもったいなく感じます。そうこうしているうちに売るタイミングを逃し、買値より下がった時に不安になり、結局そこで売ってしまいます。

このような悪魔のサイクル・・・とは言いすぎですが、このようなことを繰り返すと、1年、いや10年経っても利益は出ないでしょう。実は私も、初心者の皆さんと同じような経験があります。買う時は躊躇しないのですが、売る時にどうしても迷ってしまうのです。

為替レートは、一生上昇することはありません。24Optionでよくチャートを見ますが、必ず、上に下に波を打ちつつトレンドが形成されます。いつかどこかで見切りをつけるために、買った時と同じように、チャートのトレンドから事前に売る時を予測し、その売るポイントに達したら、迷わず売りましょう。何回か売る経験を積むと、「売る」という行為に、ほぼ抵抗がなくなるようになります。

ただ、売るタイミングが早過ぎてしまうと、利益が少なくなるような気持ちになります。プロでさえ「最安値で買って、最高値で売る」ということは、不可能です。1回で大きく利益を得るより、小額の利益を積み重ねます。100円で買って105円で売った場合、「105−100」で5円の利益です。

しかし、実際には100円から105円になる間に「101円、98円、102円、101円、104円、103円、105円」と細かく上下しながら上昇します。

このとき「100円で買い注文、101円で決済、同時に101円で売り注文、98円で決済、同時に98円で買い注文、102円で決済、同時に102円で買い注文」というように、売買を繰り返します。

つまり「101−100、101−98、102−98、102−101、104−101、104−103、105−103」と7回の細かい売買をすることで、同じ105円に到達する間に、3倍の15円が得られます。