OCO注文を利用する

etrrw










FXとは注文方法!といわれるほど、複数の条件を組み合わせた注文方法が、いくつか存在しています。そしてそのうちの1つがOCO注文と呼ばれるものです。OCO注文とは、「指値で2つの注文を同時に出し、一方の注文が成立したら、もう一方の注文は自動的にキャンセルされる」という注文方法のことです。指値で同時にする2つの注文は、買いと売りの組み合わせではなく、買いと買い、あるいは売りと売りの組み合わせになります。この注文をどの様な時に使うのかというと、すでに保有している通貨を決済する時です。

つまり利食い時の決済と損切りの決済の注文を同時に出しておくのです。もう少し具体的に説明しましょう。例として1ドル=100円で1万ドルを購入したとします。そしてこの保有ポジションを決済する目的で、1ドル=101円での売り注文と1ドル=99円の売り注文を出しておくのです。1ドル=99円となれば利益確定で利食いができることになり、1ドル=101円になればロスカットで損切りをすることになります。このように、あらかじめ利食いレベルと損切りレベルを決めて注文ができるのがOCO注文の利点です。

そしてこのOCO注文が優れている点は、一方の注文が成立した時にもう一方の注文が自動的にキャンセルされることにあります。この機能がついていないハイローオーストラリアでは、状況によっては結構悲惨なことになります。FXでは売り注文から入ることができるので、もし先ほどの例の様に、1ドル=101円で保有ポジションを決済したとしても、もう一方の売り注文が残っていると、その後に相場が反転して1ドル=99円になったときに、その注文が執行されてしまうのです。もしそんなことになると、望まない余計なポジションを持つことになってしまいます。つまりこのキャンセルの機能が、OCO注文の肝なのです。

引用: 逆指値.com

IFO注文とは

FXでよく使われる注文方法には、IFDとOCOに加えて、IFOという注文方法がありあす。ここではこのIFO注文について解説します。IFOとは、簡単に言えばIFDとOCOを組み合わせた注文方法です。IFD注文とは、「もし100円の注文が成立したら、99円の逆指値注文を自動的に出す」注文方法です。そしてOCO注文は「101円と99円の2つの注文を同時に出して、どちらか一方が成立したら、もう一方が自動的にキャンセルされる」注文方法です。

そしてIFO注文は、「もし100円の注文が成立したら、101円指値注文とと99円の逆指値注文を同時に出して、どちらか一方が成立したら、もう一方は自動的にキャンセルされる」注文方法です。このように、事前に新規の注文をしたうえで、利食いと損切りの注文も出すことができるという、IFD注文とOCO注文の良い所を取った注文方法なのです。IFDとOCO注文が上手に使えるようになれば、このIFO注文は、とても便利なツールになります。またこのIFOとともに、「トレール」についても、勉強しておきましょう。