FXを始める大きな決め手

現在日本では、アベノミクス効果で経済が上向きな状態に進んでいます。株式市場も1年前に比べると活気もあります。そのせいもあって、普段投資などをしない投資初心者の方々の投資が目立っています。私もそのうちの一人ですが、主婦の人や、もう仕事をリタイヤした人たちがそのメインになっています。私はまだまだ現役で働いていますが、将来のことを考えて少しでも余裕をとFX取引の方を始めました。

私は昔に株式投資の方はした経験があったのですが、色々と現在の投資の事を勉強してるうちに今回はFXの方が魅力があると感じました。その理由としてまずは、FXは世界中の通貨をターゲットとする為に、時差の関係上24時間取引が行われており、私みたいに仕事がある人間からすると、仕事から帰ってきてからでもインターネット環境があればいつでもオンライン取引をする事が出来るのは嬉しい事です。株式の場合は時間の拘束があった為に、なかなか上手く出来ませんでした。

次に、私が今回FXを始める大きな決め手になった事ですが、少ない資金からでも取引をスタートする事が出来る事です。内容はFXは証拠金取引という仕組みをとっていて、さらにレバレッジをする事で元手よりも大きな金額を動かす事が出来ます。レバレッジとはてこの原理という意味で、小額の資金を元にして、大きな金額を運用する事です。

---------------------------------------------------------

twer







XE Markets(XEマーケット)は、さらなるサービスの向上とともにtradingpointがリニューアルしてサービスを行うようになったFXブローカーです。取引においては、世界標準で使用されているプラットフォームを7つも揃え、誰でも戸惑うことなくすぐに取引を行うことができます。MT4や WebTrader、iphoneでの利用に特化したiphone・DroidTraderなどが利用できますが、敢えてこれらを使わずXE Markets独自のプラットフォームで取引を行うこともできます。もちろんこれらは全て日本語対応になっており、英語が苦手な方でも困ることはありません。プラットフォームだけでなくサポートまで全てが日本語対応なので、24時間体制で日本人スタッフがあなたのサポートにあたってくれます。

---------------------------------------------------------

yert







日本において初心者にも解りやすいバイナリーオプションの解説ページ取引で有名なのが24optionです。イギリス発の国際金融グループである247ホールディングスが運営する業者で、これまでも積極的に多言語化対応を行い、ヨーロッパを中心に様々な国に進出してきました。現在はアジア開拓に力を注いでおり、中でも高いポテンシャルを持ちながら未開拓の日本市場に積極的にサービスを展開しています。

その特徴ともいえるのがボーナスの高さ。他の業者でも20%や30%のボーナスを加算するところはありますが、24optionではなんと50%、時には100%という破格のボーナスを付与しています。様々な取引方法や銘柄を取り揃えて初心者から上級者ま幅広い層が満足できる業者です。

---------------------------------------------------------

ouoi







ChargeXPインベストメント提供のバイナリーオプションサービス、それが「SmartOption」です。、SmartOptionは色々な金融商品を揃えて取り扱っている業者であり、アジア市場の開拓にも力を入れている業者です。バイナリーオプションの業者は近年、FX市場がまだまだ未開拓であるアジア、特に日本市場を強烈に意識し、サポート言語も日本語主体にしたりしています。

そのため、一時期、日本の業者でサービスとして行われていたボーナスについてもかなりの額が見込めるようになっています。SmartOptionで取引可能なバイナリーオプションは数分後の相場の高低だけを当てるハイアンドロー、たった一度でも設定した価格に届けばそれで利益が確定するというワンタッチ、さらに最短1分で利益が確定するかもしれない60セカンドという取引を扱っています。ハイアンドローはGMOクリック証券やFXはプライム、ワンタッチはIGマーケッツが有名ですね。

---------------------------------------------------------
qweq






海外業者を利用する最大の目的のひとつは高レバレッジで勝負ができるということです。日本国内のレバレッジ規制のために、海外業者に移ったというトレーダーの方もおられたかもしれませんが、海外業者のネックはそのスプレッドの広さでした。しかし、業者間の競争が激しさを増す中で次第に低スプレッドを売り物にした業者も登場しており、Pepperstoneもそんな業者のうちのひとつです。

Pepperstoneはオーストラリアを拠点とする業者であり、豪ドルやNZドルのスプレッドの狭さが売りのひとつです。豪ドル円はサイトの掲載値で1から2.2pips、その他の通貨ペアも他の海外業者に比べるとかなりの低スプレッドだといえます。この水準まで下がってくると、十分に日本国内の業者とも渡り合っていけるのではないでしょうか。オセアニア系通貨は資源国ということもあって安定感があり、金利も高い優良通貨です。オーストラリア系の業者があるのはこういう通貨を扱う場合には心強いですね。

---------------------------------------------------------


しかしレバレッジは会社によって倍率も変わりますが、倍率が大きくなればなるほどリスクも大きくなるので、FXの取引に慣れてから倍率を上げるのが大事でよりよい運用の方法だと思います。こうしてFXでの取引をしていく上で気になるのが手数料だと思います。FX取引は、外貨預金などに比べて手数料が圧倒的に安いです。FXは外貨預金の手数料の10分の1だとも言われています。

手数料が安く抑えられるので、その分利益も出し易くなります。後はもっと利益を出すために勉強などの努力が必要になります。株式に場合だと何千もの会社、銘柄を勉強しないといけませんが、FXの場合だとまずは主要ないくつかの通貨について抑えておけばよいので、勉強や研究、分析が比較的容易に出来ると思います。この流れで最後は自分なりのスタイルを確立するのが良いと思います。

証拠金額は全体の何%にするのか、レバレッジは何倍までにするといった取引スタイルを決めて、目標利益が確保出来ればすぐに確定させるといった短期での売り買いがFXの場合は私は良いと思います。最後は自分のスタイルにあったFX会社を選び、楽しく、上手に取引をする事が良いと思います。